2012-03-05(Mon) 22:15

犬ぞりレース

日本時間で昨日3月4日未明、ついに今年の Iditarod スタートしました!!
(パパ一人で盛り上がってます。ママはイマイチ。。。)

Iditarod 、日本ではあまり報道されないので知る人ぞ知る、ですが、
毎年3月初旬スタートの、アラスカ横断1600Km、アンカレジからノームを駆ける犬ぞりレースです。

去年優勝の John Baker の連覇なるか、2010年まで4連覇の Lance Mackey の雪辱なるか!
4回優勝の実力者 Jeff King は? 今年のYukon Quest を制した Hugh Neff は?
等々、見どころ満点!!
パパとしては、往年の名選手 Martin Buser、最多5回優勝の Rick Swenson,
乳がんを克服して参戦を続ける DeeDee Jonrowe にも頑張ってほしいところです。

ともあれ、去年の優勝タイムが、8日18時間46分39秒ですから、決着がつくのは来週ですね。

いつか、アラスカまでレース見物に行ってみたいものです(笑)


海の向こうの犬に対抗して、我が家のそり犬?は・・・

201203030751.jpg
今日も公園で爆走中。
[パパ]



雪と氷のアラスカと違って、こちらはそろそろ開花の便りが聞かれる季節。
いつもの年より、遅めになりそうですが。
201203040840.jpg
公園の花のつぼみも、開花までにはもう一息といった感じです。


今日は暦で「啓蟄」です。
春に近付いて、土の中にいた虫が這い出てくる時期ということらしいのですが。
こんなものも出てきたようです。
201203030722.jpg
右側に写っているのは、カエルの死体。(こういうのが苦手な方、ゴメンナサイ)
シルクは興味深げに臭いを嗅いでいたと思ったら、
なんとカエルに体をこすりつけ始めました(驚)

何か野生の血が騒いだようですが、飼い主的にはNGの行動なので、すぐに止めてもらいました。



ちょっとアブナイ行動もありましたが、シルクも女の子なので、こんな写真も撮りました。
201203031528.jpg
こういうものの方が、シルクには似合うと思います。




来週のIditarodのレース決着まで、パパは毎日のようにレース経過をインターネットでチェックすることでしょう。
シルクも恰好だけは、極寒の地で丸くなって眠るそり犬のように寝ています。
201203032025.jpg
こうしている間も、遠いアラスカの地でたくさんのマッシャーと共に、懸命に走っているそり犬たちにエールを送ります。

(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

壮大なレース!

とても壮大な犬ぞりレースですね!パパさんが夢中に
なられるの、分かる気がします。人馬一体ではない
ですが、飼い主さんとワンコ達の、強い絆が強さを
決めるのでしょうね。私も、(笑)ですが、いつか
本物を見てみたいものです。

シルクちゃんは、あいかわらず、お散歩、楽しんで
いますね。啓蟄で、なんだかすごく大きなカエル
さん、出てきちゃって…。シルクちゃん、ダメだよ~。
やっぱり、可愛いシルクちゃんにはお雛様との
ツーショットがお似合いですよ!

本当にそり犬のように丸くなって、可愛いです!
私も極寒の地のそり犬達にエールを送ります。
シルクちゃん、日本はもうすぐ、春ですね!

激走!

シルクの激走、このままレースに出られそうですね。
静のシルクもいいですが、やはり動のシルクのほうが、生き生きしていて好きです…パパさんやママさんのご苦労のことを思わなければ。

No title

つぼみは梅ですか~?きれいな花を見たいですね。
犬って、臭いのあるものに身体をこすりつけることがあるそです。なぜかはわかりませんが。
シルクちゃん、ひなまつりだよ~。

Re: 壮大なレース!

勘太‐モモのママさん、こんばんは。
犬ぞりレースは犬と一緒に楽しむ競技の中でも、厳しさや見応えの点で特に感動的なものだと思います。
スタートのときは、何百頭とそり犬が集まるので、さぞかし壮観でしょう。

元気なシルクは人間で例えると、お人形遊びをするタイプというより、虫取りをするような活発なタイプのような気がします。

散歩で毎日シルクが引っ張るので、そりならぬ人間用の台車に乗ったら、楽に散歩できそうです。

(ママ)

Re: 激走!

かねとしがばなーさん、こんばんは。
爆走写真は、シルクの躍動感を伝えようと、パパが一生懸命シルクと一緒に走りながら撮った写真です。
元気なシルクの魅力を捉えるのに、片手カメラは厳しいです。
(ママ)

Re: No title

しのなのーさん、こんばんは。
あの枝は、種類は忘れましたが、さくらです。
体に匂いがつくのも嫌ですが、蛙の死体にすり寄ったという事実だけでも、勘弁してほしいです。
シルクの好みは「女の子らしさ」とは違うところにあるようです(苦笑)
(ママ)
プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR