2016-02-29(Mon) 21:12

ペット保険とは

もうすぐ、ひな祭りです。
散歩で時々通る商店街の一角に、雛人形が飾ってありました。
奇麗に飾り付けられた雛段の前で、写真を撮りました。

201602260917.jpg

以下は前回までの続きです。



前回の保険会社とのやり取りで、ペット保険について考え直しました。
シルクの皮膚疾患と尿路疾患はどの保険会社でも適用除外にされそうですし、今後も継続することを考えると、会社自体の経営や保険の運営に心配のない点は重要ポイントです。
そして保険料が比較的安いこと、契約件数も多くて、経営的な心配が少ないことなどで絞り込みました。


そして今度は、大手のアクサダイレクトに申し込むことにしました。
ここは一度は候補に挙がっていたのですが、告知の段階で適用除外疾患が明確にされていたことや、今後契約更新の際にも(ペット保険は大抵1年毎に契約更新です)利用状況によって適用条件が変更されるとはっきり書いてあったので、申し込みを保留したのでした。
(正直で親切な案内だったのですが、要するに、欲張ってしまったのですね)

201602292034.jpg

それから以前は、なるべく多くの補助がある方が良いと思って、保障割合が7割8割の契約に目が行っていましたが、現状の慢性疾患の保障が出ないことがはっきりして、突発的な事態への対処に少しでも補助があればという感覚に変わったので、入院・通院・手術を5割保障するコースにしました。使わずに済めば、このほうが保険料も安いですし。


今度こそは大丈夫だろうと思っていましたが、2つもの適用除外疾患をもつシルクを引き受けてくれるか、若干の心配もありました。
先日、保険証券が無事に届き、一安心です。


201602250933.jpg

シルクの保険加入を通じて、思い直したことがあります。
ペット保険は任意加入である以上、大抵どんな場合でも補助をしてもらえる人間の健康保険とは違うのだということです。

計算したわけではありませんが、適度な保険料で、任意加入の健全な保険運営をしようと思ったら、あくまで突発的な傷病に対しての保険でないと、成り立たないでしょう。



日本は人間対象に、世界でも珍しい皆保険制度を取っていますから、私たちは気軽に病院にかかれます。いちいち必要な検査や薬が保険の対象かなど、気にしなくて済んでいます。

でも皆保険でなかったら、任意の保険ばかりだったら、保険料もずっと高いでしょうし、適用除外になる検査や薬剤なども指定されてしまうでしょう。
(気になる方は、アメリカの保険制度について少し調べるだけで、色々な話が出てきます)

201502250903.jpg

皆保険の感覚でペット保険を選ぼうとすると、どうしても壁に突き当たってしまいます。
一度条件の見直しを迫られたことが、任意で入るというペット保険を利用する感覚を変えてくれたようです。

今かかっている慢性病に適用されないのなら、入らないという選択もありました。
でも次々と起きる症状で心配したりしたからこそ、突発的な病気の時にシルクに最善策を取ってあげるにはどうするか考えました。



また保険の比較をしている段階で、新規加入に年齢制限があること(犬種によっては4歳まで!)や、少しでも健康な時に入らないと、加入自体できなくなる可能性がある事などを知りました。

よくインターネット申し込みできますとか、ネット割引がありますとか謳っている保険もありますが、あれはまったく病気知らずの健康体のペットだけに許される優遇策です。
保険会社は、こういう形で優良顧客を呼ぼうとしているのでしょう。



色々調べていくうちに、こうした様々な事情が推測出来たりしたので、適用除外疾患の事も納得した上で、ペット保険に加入することにしたわけです。

《さらに続く》
(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 病院・健康管理

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR