2016-01-06(Wed) 16:00

正月飾りコレクション 2016年 その二

前回の続きです。
お正月の風景では門松も見かけますが一般家庭では、しめ飾りの方が多く飾られています。

201601010900.jpg

こういうのが、伝統的なお飾りですね。
でも最近は、伝統的な飾りの方が少数派。

進化したしめ飾りの方が多くて、散歩しながら見て歩くのも楽しいです。

201601021329.jpg

ここは生け花オブジェ風。スタイリッシュですね。

201601021313.jpg

今年の干支のお猿さんが、一緒に飾られていたり。

201601021352.jpg

おしゃれな和風の飾りものだったり。

探せばいくらでも、個性豊かな飾りものがあります。


一方でちょっと気になる傾向も。
玄関の格と言うか大きさに見合わない、小さなお飾りのお家も多いのです。
一応飾りは付けたいけれど、そんなにお金をかけられないという感じでしょうか。

201601050858.jpg


以前は玄関先に飾りものを付けるのは本当に正月くらいで、みんなここぞと張り切って、大きめの飾りを付けていたように思います。
それが、ハロウィーンだの、クリスマスだのと飾りものの時期が増えた結果、お正月の比重が小さくなっているように感じます。
特にクリスマスとは時期も近いので、両方の飾りものを出し入れするのも、両方にお金をかけるのも大変です。

その昔はお正月支度は、師走の13日ごろから始まり、お飾りなども1月の15日頃までかなり長い間飾っておくものでしたから、力を入れて作り、飾ったのでしょう。

近年色々な行事が増えて楽しみが多くなった一方で、ゆっくり時間をかけて楽しむ事も少なくなっているのだと感じました。

(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 風景

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします。
前回のお写真は、お正月早々シルクちゃん、かわいらしいお顔でファンを魅了しましたね。
お正月は暖冬で、ワンチャン達にもすごしやすかったと思います。
松飾は、随分進化したのがあるのですね。ママさんのおっしゃる通り、クリスマスやハロウィンの飾り付けに、押されぎみかもしれません。新たな目線で、シニア犬とお散歩しながら、松飾みてみます。

Re: No title

ラブママさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いいたします。
この冬は底冷えのするような日が無い状態で、シルクの冬用のセーターなどは出番がないままです。
街角の飾りものは半月くらい飾っている期間があれば、あちこち散歩をしながらじっくりと観賞できるのですが、お正月飾りは早いと1週間ほどで撤去されてしまいます。
桜の花のように儚い風景になっています。
(ママ)

今年もよろしくお願いします。昔はお正月にはお店が全て閉まってしまうので、買い出しに忙しく年末を実感したものですね。
初参りの後の町はとても静かでした。日本のお正月も様変わりしましたね。

Re: タイトルなし

サマンサさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いいたします。
子供の頃は、年末から商売初めまで1週間近く買い物ができなくて、食料の買いだめは必須だったのを思い出します。
現代は2日から福袋セールをやっているし、コンビニも開いていて、お正月の特別感が薄れました。
(ママ)
プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR