2015-05-20(Wed) 21:56

鳥たちの子育て

散歩途中で、こんな看板を見かけました。

2010505201733.jpg

文字の一部が見えませんが、「かわいいツバメ子育て中」とあります。
ここは道幅があまり広くない、自動車の一方通行道路で、両側に4枚ほど同じような看板が出ていました。
ちょっと先の建物の駐車場の天井に、ツバメが巣を作っています。

元々この道路は、小学生の通学路にもなっていて、自動車に速度を落とすよう注意したりする看板が出ています。
この時期は、小学生に加えてツバメにも配慮するよう、地元でこんな看板を設置したようです。

別の場所では、こんな看板もありました。

201505191724.jpg

こちらは、巣を守るカラスに人が襲われないように、注意喚起する看板です。

今の時期は鳥たちが子育てをするのだなあと、思い出すと同時に、鳥たちに配慮する看板を出すのは、何とも日本独特の様な気がして、面白く感じました。
別の場所では、カルガモの親子に注意するよう呼びかけた看板も見たことがあります。

201505201742.jpg

さて、遊歩道の植え込みでは、サツキが花盛り。

シルクはツバメには関心がなさそうですが、我が家のベランダにやってくるカラスには、飛び出して行って追い払おうとします。
カラスはプランターの植物をイタズラしに来るのです。
私も何度かカラスに苗をほじくり返されたり、芽をむしられたりしていますので、我が家のベランダに来るカラスには厳しく対処しています。
ベランダを守ってくれるシルクは、心強い味方です。
(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

巣作り

当地徳島県鳴門市に兵庫県豊岡市からコウノトリが飛来して、巣作り、子作りはじめてます。
こちらも同じように看板で保護を促すようです。
日本人は本当に野鳥がすきですね。
いたずらするカラスと糞公害の鳩を除いては。

Re: 巣作り

かねとしがばなーさん、こんばんは。
そちらはコウノトリが飛来するのですね。
大きな鳥が来る場所は、やはり環境が良いのでしょう。
総じて動物好きが多い日本人ですが、捨てられる犬猫やその他のペットの野生化など、どこかアンバランスなところもあるように感じています。
(ママ)
プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR