2014-04-17(Thu) 23:37

また、犬神社(その3)

2年前に来た時の記事を読み直したら、青梅七福神のお寺の写真がしっかり出てました。
同じネタで・・・学ばない飼主です(笑)

では、第3回をどうぞ。

坂道がうねって、登りがきつくなる頃、お土産物屋が見えてきます。
角を曲がると、道の両側にお店が並びます。
待ってるんですけど
まだ半分だけど、人間はすでに疲れてます(笑)
シルクの顔は「速く!」と言いたげです。

商店街?の写真は撮っていませんでした。次回、必ず。
いよいよ階段のスタートです。
何かあるかな?
格好よく立ってるのを見ると、犬は山に向いてるんだなと感心します。

人間がついて来てるのを分かっていて、一匹でさっさと行ってしまいます。
行っくよ~
普段の散歩と同じ、と言えば同じですが、気楽に縦横無尽に歩き回ります。

人は四つ足には敵わない!(パパの持論)

ようやく境内に付きました。左端に切れてるけど、ママはさっそく、拝殿でお賽銭を入れます。
着いた!
シルクの顔は「次はどこへ行くの?」でしょうか。
人間は息が上がってますが、犬は元気が余っていてなによりです。

拝殿の奥というか裏に回ると、犬神社こと「大口真神社」です。
本当は狼で、農作物を荒らす害獣の駆除に役立っていたことから、農村での信仰を集めたそうです。
米国のイエローストーン国立公園で一度は絶滅した狼を、他から連れて来て放したのは有名です。ご興味があれば ここをクリック
祝詞をあげる人
大口真神社の間近で写真を撮りたかったのですが、座り込んで祝詞を上げている若い女性がいました。
「たかあまはらにかむづまります~♪」というアレです。

参拝客が祝詞を上げているのを初めて見ました。
神域だし、全く問題ないのですが、犬の散歩の延長だったせいか、実はちょっと怖かったです。

気を取り直して一周すると、見つけました。
狛犬、だよね
まるで子豚ですが、「狛犬だよね?」と顔を見合わせるママ&パパ。
どっしり構えるシルクが飼主を笑わせます。

その4に続く。

[パパ]

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

神社まで遠い遠い。シルクちゃんはとても元気ですね。パパさん、ママさんも頑張って歩いたのですね。私だったら途中に休憩所があったら一休みしそうです。
狛犬さん、豚さんですよね。

No title

本当に、けっこう厳しい坂道ですよね。私もきっと
途中でギブアップすると思います(笑)。パパさん、
ママさんの事、笑えません。シルクちゃんは元気で、
頼もしいですね。表情に余裕がありますもの!

本当に、昔は狼と人間は共生できていたのですよね。
今は野生の動物には厳しい環境になりましたね。

ほんと、子ブタちゃんですよね~?。キリッと立つ
シルクちゃんが凛々しいです♪

Re: No title

しのなのーさん、こんばんは。
神社へ至る道の途中には、いくつもベンチがあって、高齢の方にも配慮した道になっています。
ママ&パパは、まだ高齢ではないけれど、何度も足を止めて休みながら登りました(笑)
狛豚、という言葉はなさそうです(笑)

[パパ]

Re: No title

勘太-モモのママさん、こんばんは。
勾配のきつい坂です・・・でも犬が一緒にいると楽しくて、負けてられない、という気にはなります。
勝負?は初めから見えてますが(笑) 休み休み行けばきっと大丈夫ですよ。
それと、やっぱり豚ですよね~! シルクの胴輪が金太郎の前掛けのようです(笑)

[パパ]
プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR