2013-10-01(Tue) 20:24

パパ、お帰りなさい!

毎日パパは、会社に出勤します。
シルクはお見送り。

201309270719.jpg

リビングから玄関へのドアの前でお見送りするのが、日課です。
今日も尻尾を振りながら、「行ってらっしゃーい。」




そして夕方。

201310011803.jpg

お散歩から帰ってきて、やれやれと一休み。
ちょっとオネムのシルクです。

それでもママがパパからのメールを見て、
「シルク、もうすぐパパが帰ってくるよ!お迎えよろしくね。」
と言うと、すっくと立ち上がって玄関へ飛んでいきます。

201310011832.jpg

今日はちょっとフライング。
ママが写真撮影のために玄関の灯りを点けたので、すぐに帰ってくるものと勘違いしてドアの前まで行ってしまいました。
パパがドアを開ける直前は、いつもこんな感じなのですけど。

「まだもう少し後ですよ。」と声をかけて、ママがリビングに戻ると、今度は玄関の方を向いて待機。

201310011833.jpg

パパがドアを開ける瞬間を心待ちにして待ちます。

パパが帰ってきました。

201310011841.jpg

嬉しくて、尻尾を大きく振りながらパパの周りをまわって歓迎するシルク。
パパも毎回の大歓迎に嬉しそうです。

パパがずっと家に居る休日も良いけれど、パパが帰ってくる平日も嬉しい事があるシルクです。
(ママ)


スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

シルクちゃん、ママさんの言葉がわかるのですね。賢いですね。
パパさん、毎回こんな風にお見送り、お迎えされていたら、癒されますね。「パパー♪」って感じ。パパさんが羨ましいです。

No title

本当に、なんて可愛いのでしょう!こんなに
健気で可愛い姿を見せられたら、たまりませんね。
私の亡くした仔達も、同じ様に、御見送りして
くれて、帰った時など、シッポがちぎれそうな位、
振って喜んでくれた事、思いだして、シルクちゃんの
可愛さと重なって、涙がとまりません。
パパさん、嬉しいでしょうね。それを見てるママさんも
幸せですね。本当にワンコは幸せを運んできてくれる
動物だというのをシルクちゃんが見せてくれてますね。
シルクちゃん一家の幸せがこちらにも伝わって来ましたよ。

Re: No title

しのなのーさん、こんばんは。
特に教えたつもりはないのに、いつの間にかいくつかの単語を覚えているらしいシルク。
犬は人間のすることを良く観察しているものだと、感心しきりです。
パパはシルクのお迎えがあるから、家に帰ってくるのが一層楽しいようです。
毎日の熱烈な再会を見ていると、シルクとパパには倦怠期は無縁のようです。(笑)
(ママ)

Re: No title

勘太-モモのママさん、こんばんは。
犬も猫も、毎日の見送りや出迎えをひたむきに努めてくれますね。
一緒に生活していて、本当に充実感や喜びを感じられるところだと思います。
いつもシルクは率先して楽しがったり、嬉しがったりすることで、私たちを喜ばせたり慰めてくれたりしているように感じます。
勘太-モモのママさんのお言葉に、改めてシルクと一緒に居られる幸せを大切にしなければと思いました。
(ママ)

No title

わんちゃんを飼う醍醐味は、このような時にもかんじますね。数時間会わなかっただけでも、十年ぶりのように、熱烈歓迎してくれますから。なかなか人間は真似できません。
シルクパパさんも、お家に帰るのが楽しみですね。

Re: No title

ラブママさん、こんばんは。
ちょっとした外出でも、毎回嬉しそうに出迎えてくれる犬は、本当にかけがえのない存在です。
一緒に家の中に居る時は、結構好き勝手に動いているシルクですが、人間が玄関の外に出ると、神経を集中して待っています。
シルクもパパも、毎日の再会を楽しんでいます。
(ママ)
プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR