2016-01-25(Mon) 20:37

戸外に出たクマたち

暖冬の中、急に寒波がやってきました。
日本全国で雪が降り、特に西日本から沖縄にかけても記録的な寒さになりました。

先日には東京でも雪になりましたが、この雪はたくさんの水分を含んだ雪で、大方は一日で消えました。
シルクには雪が物珍しかったようで、雪の積もったベランダに出たがりましたが、雪の冷たさにあっという間に部屋の中に戻ってきました。

201601180837.jpg


ところで先日、テレビの情報番組で、最近見かけなくなったものとして、木彫りの熊の話が出ていました。
昭和の時代には、人気の北海道土産として流行り、一家に一つくらいは木彫りの熊が飾られていたような時代もありました。
私の実家でも、床の間の片隅だったかに置いてあったと記憶しています。

ところが、シルクと散歩していて、私はこの木彫りの熊を妙な場所で見かけていました。
しかも1か所ではありません。

こんな感じです。

201601251641.jpg

歩道のある道路に面した事務所の前に、雨ざらしで観葉植物などと共に置かれているのです。
何年か前までは事務所の中に置いてあったのかもしれませんが、居場所を無くして戸外に出てきたようです。

他の場所では、こんなところに。

201601251656.jpg

路地に面したエアコンの室外機の上です。
こちらは親子熊です。

どちらも散歩していて、「なぜこんなところに?」と違和感を覚えました。
普通は室内に置いてあるものですから、屋外で見ると変な感じです。
エアコン熊の方には、こんなお仲間もいました。

2016012516527.jpg

タヌキの焼き物です。
信楽焼の狸は庭先に置かれる事も多いので理解できますが、熊とタヌキがこんなところで共演とは、意外です。

往時は床の間とか、ブラウン管テレビの上とか、玄関の靴箱の上など、色々な所で見かけた木彫りの熊ですが、現代は住宅に床の間は無くなり、テレビも薄型液晶になり、置き場所がなくなっています。
玄関先に飾るものは他にもいろいろあるので、木彫りの熊はいつの間にか仕舞いこまれたり捨てられたりしているのでしょう。

そう考えれば多少の違和感があるものの、この熊たちは屋外で観賞物として第2の役目を果たしている、珍しいケースと言えるのかもしれません。

(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 風景

2016-01-13(Wed) 18:59

太る理由

この冬は暖冬で、きつい寒さは感じませんでした。
服を着せたりしているものの、シルクもこの冬は寒さに余裕がある感じです。
実はこの冬のシルクは、今までで一番太っているのです。

先日、動物病院で測ったら、なんと13.9kg。
夏まで12キロ未満だった事を考えると、すごい太り方です。

更に近頃は、ゴハンを残すことが多くなりました。

201512230826.jpg

シルクは元々お腹一杯になると、ゴハンを残すタイプです。
ドッグフードはいつも量ってあげているのに、多すぎたのでしょうか。

お米用の計量カップと、いつも使っているフード用のスコップに同量のフードを入れて比べると、こんな風になりました。
スコップには1/2の目安線が付いています。
いつも2種類以上のフードを混ぜて与えるので、この目盛を参考に量っています。

201601131350.jpg

フード用スコップに控えめに入れた量でも、180ccの計量カップでは3/4くらいになります。
明らかにスコップの量が多めです。

今まで、目安線は200ccの半分の100ccの目盛だとばかり思っていました。
でもスコップの裏側の表示を良く見ると、容量が125ccとなっています。

201601131751.jpg

これです!
なんとなく量が多い気がしていたのですが、原因がはっきりしました。
これで毎回種類ごとに2回もフードを量るので、余計に多い量をやっていたことになります。

何で1/2の目安量が125ccなのか?
はっきりと理由はわかりませんが、お料理に使うカップの容量は日本では一般的に200ccですが、アメリカでは240ccなのだそうです。すると、このスコップはアメリカサイズのようです。
日本で売っていた物だし、ばっちりMADE IN JAPANとあるので、日本式の容量だとばかり思っていました。

201601131753.jpg

これからは間違わないように、100ccの水を量って入れ、水位線に沿ってマジックで印を付けました。
健康管理に気を付けなければならないのに、シルクに食べさせ過ぎてしまいました。
反省です。

201601130916.jpg

今朝はこの辺りでも気温が下がり、この冬初めての霜が降りました。
公園の落ち葉にも霜が白く残っていました。
多少の皮下脂肪は寒い冬を乗り切るのに役立つと思いますが、これ以上太らせると健康に問題が出そうなので、これからはダイエットを心がけて、体重を減らすようにしたいと思います。
(ママ)

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 犬グッズ 病院・健康管理

2016-01-06(Wed) 16:00

正月飾りコレクション 2016年 その二

前回の続きです。
お正月の風景では門松も見かけますが一般家庭では、しめ飾りの方が多く飾られています。

201601010900.jpg

こういうのが、伝統的なお飾りですね。
でも最近は、伝統的な飾りの方が少数派。

進化したしめ飾りの方が多くて、散歩しながら見て歩くのも楽しいです。

201601021329.jpg

ここは生け花オブジェ風。スタイリッシュですね。

201601021313.jpg

今年の干支のお猿さんが、一緒に飾られていたり。

201601021352.jpg

おしゃれな和風の飾りものだったり。

探せばいくらでも、個性豊かな飾りものがあります。


一方でちょっと気になる傾向も。
玄関の格と言うか大きさに見合わない、小さなお飾りのお家も多いのです。
一応飾りは付けたいけれど、そんなにお金をかけられないという感じでしょうか。

201601050858.jpg


以前は玄関先に飾りものを付けるのは本当に正月くらいで、みんなここぞと張り切って、大きめの飾りを付けていたように思います。
それが、ハロウィーンだの、クリスマスだのと飾りものの時期が増えた結果、お正月の比重が小さくなっているように感じます。
特にクリスマスとは時期も近いので、両方の飾りものを出し入れするのも、両方にお金をかけるのも大変です。

その昔はお正月支度は、師走の13日ごろから始まり、お飾りなども1月の15日頃までかなり長い間飾っておくものでしたから、力を入れて作り、飾ったのでしょう。

近年色々な行事が増えて楽しみが多くなった一方で、ゆっくり時間をかけて楽しむ事も少なくなっているのだと感じました。

(ママ)

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 風景

2016-01-05(Tue) 22:48

正月飾りコレクション 2016年 その一

明けましておめでとうございます。

201601051954.jpg

今年はまず、おやつの魅力でカメラ目線ばっちりのシルクのアップから始めます。(笑)


さて今年もシルクと一緒に近所を散歩しながら、ゆっくりと過ごした正月でした。
お正月ならではの風景と言えば、門松があります。
私の子供の頃は、少し大きなお家や商店などはしっかりした門松を飾ったりしていた物ですが、最近はあまり見かけなくなりました。
我が家の近所でも、門松らしいものを飾っていたのは、ある会社の事務所前くらいでした。

201601021304.jpg

写真では片方しか映っていませんが、駐車スペースの反対側に対の門松がありました。
これだけの大きさの物は、あまり見かけなくなっています。

こんなに大きな門松だと、仰々しくなるからなのか、小さな門松を置いている所も。

201601050856.jpg

とあるマンションの入り口です。
邪魔にならなくていいかもしれません。

この辺りの一般の家庭では、こういうものが立派な門松の代わりになっています。

201601010908.jpg

松の枝に輪飾りを付けて、門の両脇に立てます。
土地に余裕のない、街中仕様の門松と言った感じです。

門松を探しながら散歩していたら、こんな物も見つけました。

201601050908.jpg

ミニミニサイズの門松です。
インターホンと比べてみて、大きさがわかると思います。
日本は何でもバリエーションが豊かですね。

今年もよろしくお願いいたします。

(ママ)

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 風景

プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2016年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR