2015-08-15(Sat) 17:20

蚊の発生予防

去年、ニュースになったデング熱。
発生場所として騒ぎになったのは、代々木公園でした。

この辺りは少し離れているものの、車のある人なら気軽に遊びに行ける距離です。
他人事として気楽に過ごせないものがあります。

先日区役所で、蚊の対策講習会と言うのが開かれていたので、行ってみました。

201508151659.jpg


蚊の発生源としては、家の周りのちょっとした水溜りや、道路やビルなどの雨水マスなどだそうです。
一般家庭では、鉢皿、野ざらしにしてある容器類や蓋などのちょっとしたたまり水でも蚊が卵を産みつけるそうです。
古タイヤも要注意。穴や切れ目が入れにくく、水が溜り易い形です。
こまめにこうしたたまり水を捨てたり、溜らないように対処することが良いそうです。

公道の雨水マスなどは、役所の人が定期的に蚊が発生しないような薬剤を入れて回っているのだとか。

201508101722.jpg

蚊が潜む場所としては、草木の茂みが要注意。
なるべく草木は刈り込んで、潜伏場所を無くすのがいいようです。
それででしょうか、この夏は、公園や歩道わきの植栽の手入れがマメに行われています。
去年までは夏に歩道側へはみ出すほど茂っていた植栽が、キレイに刈り込まれてスッキリしています。
根元の雑草も抜かれています。

201508150820.jpg

公園の雑草の茂っていた場所も、定期的に草刈りを行っていて、歩きやすくなっています。
地面に落ちている葉や茎は、数日前に刈り込まれて散らばった雑草たちです。

こうした役所の努力もあってか、この夏は蚊に刺される頻度がぐんと少ないです。

こちらも微力ながら協力するつもりで、ベランダの鉢皿の点検に気を配っています。

201508121309.jpg

暑さに強いシルクは、この暑い中でも日の当たるベランダで日光浴をします。
蚊の季節はまだしばらく続きますので、これからも用心して過ごしたいと思います。
(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR