2013-02-26(Tue) 17:58

試行錯誤中

まずは寒い中、頑張って咲いているお花をバックにしたシルク。

201302221643.jpg

おやつで目線をカメラの方に釣れないのが、辛いところです。

ところで、相変らずシルクのお腹の調子を安定させるため、毎日試行錯誤しています。
缶詰めの療法食を与えている間は、お腹も安定した様子なのですが、一旦元のドッグフードを混ぜてやったら、以前の半分の量でウンチが緩くなってしまいました。
缶詰めだけに戻すと、再び安定してくれます。

いつまでも缶詰めばかり食べさせるわけにもいかないし、問題なく食べられるものを探さないといけません。
そんな時、保護犬の預かりをされているもなかちゃんの仮ママさんから、手作り食はどうかとのヒントをいただきました。
(もなかちゃん、早く良いご家族とご縁がつながると良いです。)

そういえば秋口までは時々シルク用のおじやを作って食べさせていましたが、最近はしばらく作っていません。
以前に犬用の手作り食の作り方や食材が書かれた本を買っていたので、それを参考に作ってみました。
缶詰めと半分ずつくらいにして、食べさせてみたところ、ウンチの状態もなかなか良いようです。

201302231903.jpg

しばらくは缶詰め食と併用しながら、シルクのお腹の調子を整えつつ、問題なく食べられるフードを探すことになります。

更に心配症のママは、念のためにインターネットで、療法食を色々取り寄せて見ました。
ドライタイプの療法食も試してみないと、食べてくれるか、問題なく使えるかわかりませんから。

201302261234.jpg

でも食べてくれるかどうかの心配は無用のようです。
届いた段ボールから袋を出した時点でシルクは大喜びして、袋に食らいつきそうな勢いで臭いを嗅いでいましたから(笑)

シルク自身は、最近お腹が安定していて、元気いっぱい。

201302230923.jpg

走りっこが好きなようです。
一緒に走る、それだけで嬉しいみたい。
元気が一番です。

こちらはロープのおもちゃをバラバラにして、満足そうに眠るシルク。

201302212142.jpg

シルクの安らかな寝顔が嬉しいです。

可愛いシルクのために、犬用のおじや作りやドッグフード探しを引き続き頑張ります。
(ママ)
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 食事・好物

2013-02-19(Tue) 18:11

もう一息

シルクのお腹の調子は、安定してきました。
薬を使わずに、缶詰めの療法食だけでいいウンチが出るようになっています。

でも、本当の回復はこれからです。
出来れば普通のドッグフードに戻して行きたいので、どうやって移行していくかを病院で相談してきました。
明日から数日かけて様子を見ていきます。

シルク自身は、寒い中でも元気いっぱいで過ごしています。

201302131632.jpg

久しぶりにボール遊びをさせたら、こちらが終わらせるまで、飽きずに遊んでいました。
人間がボールを欲しがる振りをすると、取られまいとしてあちこち勝手に動き回ってくれます。
楽にたくさん運動させるにはいい方法です(笑)

2月も後半に入っているのに今年はまだまだ寒くて、積もるほどではなくても時々、雪が降っています。
この写真では、夜の間に降った雪がうっすらと落ち葉に残っています。

201302130823.jpg

誰かの落し物の手袋が、杭の上に乗せられていました。
シルクはすかさず、臭いチェック。

こちらは先日、シルクとの散歩途中で見つけた『猫鍋』ならぬ、『猫植木鉢』。

201302161610.jpg

ここは車も通る道路のすぐ脇なのです。なぜこんな場所でお昼寝をすることにしたのでしょう。
でも不思議とシルクは気付かず、しばらく後でここを通った時もまだ、この状態で寝ていました。
意外と気付かれにくい場所なのかもしれません。

これは家の中でのシルク。
散歩に行きたくなると窓際に行って、外を眺めて気を紛らわしつつ、アピール。

201302141545.jpg

時々「クーン」と甘えた鼻鳴きをして、行きたい気持ちを表現しています。
控えめながらも、はっきり意思表示をしている所が可愛らしいです。


今週もまだ寒い日が続く予報が出ています。
例年では今頃に、良い香りを漂わせる公園の沈丁花もまだつぼみのままで、咲くのをじっと我慢しているかのようです。

201302141644.jpg

シルクのお腹の復調も、春の訪れももう一息といった感じのこの頃です。
沈丁花の花が咲くころには、シルクのお腹も完全復活しているといいと願っています。
(ママ)

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

2013-02-12(Tue) 18:30

病院通い

シルクのお腹の調子が降り返しました。

先週、一旦は良くなったようだったので、缶詰めの療法食から普通のフードに戻したところ、また緩いウンチに戻ってしまいました。

再度病院に行き、療法食に戻して様子を見ることにしましたが、なかなか原因がはっきりせずに困っています。

201302110834.jpg

お腹の事以外は相変わらず元気で、元気に走り回っています。

こんな姿を見ると、のんびりしていて体調が悪いようには見えません。

201302111141.jpg

お腹の方は、腸炎が長引いているのか、フードにアレルギーが出てしまったのか、どうもはっきりしません。
数日おきに病院へ行き、胃腸薬を処方してもらったり、療法食を出してもらったりしています。
頻繁に病院へ行っていると、お財布が軽くなるのが早いこと。

シルクはまだ若いからと、のんびりしていたのですが、先々の事がちょっと気になってペット保険を検討してみることにしました。
ネットで資料請求をして、色々な会社の資料を集めて研究。

201302121727.jpg

ちょっと集めただけで、こんなに種類がありました。
内容も色々で、比べるのに結構時間がかかります。
試しに何年か先までの支払い保険料を計算してみると、結構商品ごとに差が出ました。
(ほとんどの保険は、一年ごとや数年ごとに保険料が上がっていく仕組みです。)
まだ決めかねているのですが、療法食は保険金の支払い対象にならなかったり、歯石除去なども対象外だったりと、カバーされる範囲が思っていたより少ないことなどがわかって、勉強になりました。

201302071626.jpg

お腹の調子が良くなるまで、シルクもおやつを我慢して頑張っています。
早く快調に戻してあげたいです。

201302111624.jpg

今年の寒さもシルクのお腹に影響を与えているのかもしれません。
暖かい春が待ち遠しいです。
(ママ)

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 病院・健康管理

2013-02-04(Mon) 18:58

シルクの顔色

シルクがお腹を壊しました。
「最後に出したウンチがいつもより緩いかも」と思っていたら、4時間おき位で催すようになり、出るのはゆるくて水っぽいものばかり。
一晩様子を見ましたが、治りそうにないので病院へ行きました。

201301310947.jpg

レントゲンを撮ってもらい、脱水気味だったので薬と共に栄養剤を点滴してもらいました。
腸炎を起こしているとの診断でした。
当日のご飯は抜き。
翌日からは処方食の缶詰めと胃腸薬をかけたものを食べることになりました。

201301310959.jpg

お腹が緩い以外は、散歩にも張り切って出かけ、食欲も落ちずに元気そうにしていたシルクでしたが、後から考えてみるとちょっと心当たりがあります。
具合が悪くなる前の数日間、シルクの顔がなんとなく冴えませんでした。
やつれた顔と言うのか、急に老けこんだ表情になっていて、
「大人になってきて、顔つきが変わったのかしら」と不思議に思っていたのです。
今になってみて、しばらく前から調子が悪かったのだと納得できました。

何がきっかけになってお腹を壊したのかは、はっきりしません。
寒さが続いて体が冷えたのか、散歩中に拾い食いで何か悪いものを口にしていたのか、あるいはママやパパのおやつのあげ過ぎかもと、心当たりは色々です。
シルクは元々ちょっとしたことでお腹が緩くなる傾向があります。
少しずつ原因が重なって起きたのかもしれません。

おかげさまで、2日ほどで症状はだいぶ改善しました。
(病院には結局3日間通いました)
やつれたような表情が消えて、はつらつとした可愛いシルクが戻って来ました。

201302011820.jpg

犬にも顔色というような物があるのだと、改めて実感しました。

お腹を壊してから、処方食以外はおやつも当然お預けだったシルク。
何かおやつ的なものが欲しくなっていたところに、節分の豆まきが。
こちらのシルクは、おいしそうな匂いに期待して、尻尾を振っている所です。

201302031803.jpg

多分こうなるだろうと予想はしていましたが。
豆を捲くそばから、散らばった豆をシルクが食べていきました。
大豆の炒り豆は香ばしくておいしいですから、シルクにとっては美味なおやつだったことでしょう。
もちろん人間も食べましたけれど、何分の一かはシルクのお腹に入りました。
お腹に影響はないかと少し心配でしたが、今日のウンチも合格点。
このまま順調に完全復調してくれるよう、願っています。

まだ寒いですが、公園の梅は咲き始めています。

201302030857.jpg

今日は立春。暦の上では春になっているのです。
シルクの明るい表情と共に春を迎えられて、ひと安心です。
(ママ)

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : 病院・健康管理

プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR