2012-06-11(Mon) 00:00

犬神社ふたたび(その5)

武蔵御嶽神社には、「講」の方々がたくさん訪れます。
「講」とは、お札をもらうため、各地域で持ち回りの代表者を選び、お札を持ち帰るシステムのことです。
境内へ続く道には、たくさんの「講」の何周年といった石碑が並んでいます。元々は農村の狼信仰が広く伝わったもののようです。
現代なら愛犬家の講があってもよさそう、とパパは考えていますが、まだそういうお話は聞いたことがありません。
こういう話をすると、ママは相手にしてくれません。我が家もお札が目当てで来たわけですから、話を合わせてくれてもよさそうなのに・・・

今年授与された(ゲットした)お札類(お宝)です。
形代のご案内
一昨年はなかったような気がする、形代、です。

名前を書いて、形代で体をなでて、最後に犬の息を吹きかけるのだそうです。
形代
まるで呪詛のようだと思いながら、言われたとおり、シルクの厄移しをして、預けてきました。

その他のお宝はこちら。写真をクリックすると、1024x768の大きな写真が開きます。
お宝♪
右から、
・お札を入れる袋(お札を買うとこれに入れてくれる)
・御嶽神社火難除神璽(火事予防のお札)
・武蔵國大口真神御嶽山(元々は五穀豊穣のお札)
・明治大正昭和平成米価暦の手拭(これは神社ではなくお土産物屋でゲット)
・厄除の御守
・ちりめんペットの御守
・お犬様御嶽山手拭(これもお土産物屋でゲット)

お宝ゲットしたので、さあ、帰りましょう。
ちょっと涼もう
帰りの車中を想像して、早くも疲れているママ。シルクは全然元気です。

降り始め。
さあ降りるぞ
シルクはやる気満々。

神社の入口まできて、また、お水を頂きました。
犬用柄杓
ひしゃくの底に「犬用」の文字が見えます。

下っていくと、(もちろん、行きも通ったけど)お土産物屋兼食堂がたくさん。
お土産物屋
犬を連れて入ってもいいお店もあるようです。平日なのでお客さんは少なく、ちょっと気の毒。

この後は、遊歩道を通って、ケーブルカーへ。

次の記事に続く。


[パパ]

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

2012-06-10(Sun) 14:25

犬神社ふたたび(その4)

犬神社シリーズは全7回になりそうです(笑)
体力使ったとはいえ、来るのが3回目(犬連れは2回目)になると、写真も撮り慣れてきて、大量の記録が残ります。
せっかく撮ったので、ぜひお付き合いくださいませ m(__)m

境内の地図はこちら

拝殿で、お賽銭を入れ、シルクの健康を祈願するママ。
拝殿
拝殿は、境内まで登った最初にある大きな社です。

拝殿の左側に回って奥へ進みます。
本殿の横
写真の右側が、拝殿から本殿にかけてです。

あまり広くないので、すぐ一番奥のお目当て、大口真神社へ着きます。
大口真神社
またも祈願するママ。

大口真神社の狛犬を背負って、いえいえ、威を借りるシルクです(笑)
狛犬を背負って
ご利益があるといいね。

大口真神社を降りると、
写真の右側が常磐堅磐社(旧本殿)、中央奥が大口真神社、左側が本殿の真裏にある神明社です。
常磐堅磐社
静謐な空気を感じるというよりは、暑そうなシルクです(笑)

一通り巡っていよいよ、お宝の時間。神符授与所です。
神符授与所

お犬様ですが、境内にいる間は、他の犬には出会いませんでした。
もしお友達がいたら、遊ぼう~、ってなるんだろうな・・・
気楽に連れて来るには、人の少ない平日が一番です。


次の記事に続く(笑)


[パパ]

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

2012-06-09(Sat) 20:08

犬神社ふたたび(その3)

武蔵御嶽神社へ向かう道は、初め、ゆるゆるとした下り坂の遊歩道です。
おいぬさまの看板
ヤマトタケルを助けた白狼を大口真神として祀る神社のこと、「おいぬさま」をアピールする看板があります。

シルクちゃん、歩くの早過ぎます(^^;
速過ぎ・・・
二代目「まさと」がノロノロゆったり歩くのを、励ましながらのんびり歩いたのが遠い昔のよう。
先をせっつくシルクに、飼い主はぜーぜー言いながら付いていきます(笑)

途中の急な上り坂もあっという間にクリア、入口の山門です。
山門の入口
この後、長い階段があることも知らずに、と飼い主は先を心配していましたが、
四つ足のシルクには、散歩コースの延長程度らしいです・・・

手水鉢があって、さらにペット用と書かれたひしゃくが!
手水鉢
気温も高めだったし、ペットシーツ4枚を使い切るヨダレを垂らしたシルクは、大量の水分補給です。
まさとと来たときにペット用があったかどうか、記憶は定かでありません。

すっきりしたところで、階段スタートです。
水飲んですっきり!

息を切らす飼い主をけなげに待つシルクです。
階段へっちゃら
若いってこういうことなんですね・・・

まさとの時は、ケーブルカー降りてから境内まで、2時間近く掛って辿り着きましたが、
シルクはわずか30分。人間がしんどかった。。。
境内到着!
やっと着いたと感慨深い飼い主なのに、まだまだ行ける~どんなもんだい! というシルクです。


次の記事に続く(^^)

[パパ]

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

2012-06-08(Fri) 23:59

犬神社ふたたび(その2)

(この記事は2012/6/9にアップしました。)

時間はちょっと戻って、
武蔵御嶽神社(東京都青梅市)に向かう途中、シルクのヨダレのすごさにたまらず、高速を降りてからコンビニで休憩。
少し落ち着かせようと、散歩していたら、たまたまいい雰囲気の古刹の前に出ました。
青梅七福神玉泉寺
どうやら、青梅七福神、弁財天を祀る玉泉寺というお寺です。
中には入らなかったけど、静かな佇まいにシルクも落ち着きます。

さて、いざケーブルカー、です。
お値段
お値段は、1年半前のまさとの時と同じでした。

前回と違っていたのは、ペットの場所が限定されていたこと。
運転手と反対側の端っこに限定されていました。行きは、ふもと側になります。
ケーブルカーでそわそわ
落ち着かないシルク。乗り物全般が苦手です。

ケーブルカーで隠れる?
ガタゴト揺れるのがどうにも怖いのか、パパの足の間に隠れてしまいます。
この時乗っていたペットはシルクだけ。お友達がいたら違っていたかも。

ケーブルカーの駅は、ふもと側の「滝本駅」と、山頂側の「御岳山駅」の二つだけ。
御岳山駅のホームの看板の前で。
標高828m
乗り物から解放されて、すがすがしい顔に。ここからは自分の脚で歩きます。

登山道のような遊歩道の前に、広場で休憩。
街を見下ろすシルク
湿度が低いと都心まで見えるようだけど、ガスが出ています。
登り始めた午前中は晴天だったけど、午後から曇ってきました。

まあ、シルクには都心が見えても見えなくても関係ないみたい。

さあ、いよいよ「登山」スタート。
案内板
案内板の前で、ルートを確認するママに「早く行こう~」とウロウロするシルクです。


次の記事に続く(^^;

[パパ]

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

2012-06-07(Thu) 23:59

犬神社ふたたび(その1)

(この記事は2012/6/9にアップしました。)

2012/6/8(金)、犬神社こと、武蔵御嶽神社(東京都青梅市)にお参りしてきました。
先代「まさと」と行った2010/11/29(月)以来、1年半振りです。
まさととの2回目はなかったけれど、若いシルクが頑張りました(^^)

その前の日、6/7(木)、禊(みそぎ)のシャンプーです。
禊のお風呂
気持ちよさが段々分かってきたのか、前よりもおとなしいです。

シャンプー終わって、ベランダで体を乾かすシルクです。
【YouTube動画: 48sec】


明けて6/8(金)、準備体操を兼ねて、いつもの公園を散歩。
初めて見る亀に、おっかなびっくりのシルク。
朝の亀
池の亀が遠出して来たのだと思うけど、100mは離れてるかな。首を出したり引っ込めたり動いてます。
これ以上近付かないシルクでした。

亀に会って縁起がいいのかと思いきや、
突然散歩を嫌がり始めたシルク。今日一日、暗雲の予兆?
ラジオ体操が怖い
いつもは、私のテリトリ~、とばかりの公園で、尻尾が垂れ下がってます。

時刻は06:37。どうやら、奥の広場で毎日やってるラジオ体操がイヤみたい。
人間が好きなシルクですが、集団になると怖いようです。
人の集団も車も嫌いなシルクです。

ドッグランに行った時の教訓から、シルクが車内で吐き戻すのが分かっていたので、朝ごはん抜きです。
可哀想な気もするけれど、車に乗るためには何も食べない方が、犬にも人間にも都合がよいです。
いざ車へ
エンジン掛ける前なら、まだ平気? 少し緊張?

出発から1時間もしないうちに、公園で食べたらしい道草を吐き戻し、後部座席のママは始末に追われていました。

中央道の石川PAにて休憩。高速道路の途中にある、唯一のパーキングでした。
シルクが大量にヨダレを流し、付ききりのママも疲れ果て、休み休みの小旅行です。
パーキングエリアで
胸当ては、シートベルト用の保護具です。背中にベルトを通せるようになっていて、動けるけど暴れられない優れものです。

ケーブルカーの入口までなんとか辿り着きました。
御岳登山鉄道の、ふもとの駅「滝本駅」前です。
滝本駅前
シルクのあごの下の白いものは、ヨダレです。

次の記事続く(笑)

[パパ]

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR