2017-11-10(Fri) 10:58

ベランダの小菊

夏前に種まきして、なんとなく育てていたプランターの小菊が、花を咲かせています。


201711031216.jpg


夏には、葉ばかり良く茂って鬱陶しいくらいでしたが、秋になって奇麗な花を見せてくれるようになりました。

ほとんど剪定をしていなかったので、野生的な咲き乱れ方です。(汗)


少し高い位置に咲いているので、天気の良い日には、この花の下でシルクがくつろいでいます。


201711031245.jpg


フェンスの隙間から外の様子を見て、楽しんでいるようです。


シルクはただ今、換毛期真っ盛り。

気温も下がってきて、寒そうに体を丸める事も増えました。


最近では、シャツなどを着せている事が多いです。


201711101006.jpg


我が家のベランダにも、落ち葉が舞い込んでくるようになりました。

体を冷やさないように、人間も犬も気をつけながら過ごしたいと思います。


(ママ)

スポンサーサイト
2017-10-25(Wed) 15:14

駆け抜ける秋

季節外れの台風と、なかなか去ってくれない秋雨前線のために、今年の秋は良い天気が続きません。

10月も、気持ちの良い秋晴れは数えるほどしかなく、シルクとの散歩をもっと楽しみたいのに、思うようにいきません。


そんな中、ある晴れた日の午後にしばらくぶりで訪れた、植物がたくさん育てられている公園。

秋の花がたくさん咲いていました。


201710121603.jpg


黄色い花もあれば、白いバラも。


201710121601.jpg


秋のバラも風情がありますね。

他に頭上で柿も生っていたり、季節を感じさせてくれる風景でした。



でも、この後に大雨やら台風やらで、植物も一気に花や葉を落としています。


201710201407.jpg


雨の後の散歩で、金木犀の木の下に花が落ちて、一面が黄色くなっている場所を発見。

ちょうど同じ色のシャツをシルクも来ていたので、色みの揃った写真となりました。



台風の後で、しばらく晴れると思ったのに、今日はまた雨に逆戻り。

一回りしてきたら、シルクのお顔にも「雨そばかす」が出来ていました。


201710250941.jpg


シルクのマズル(鼻先)が雨に当たってシミになり、そばかすのようになるのです。

乾いたタオルで顔を拭いてあげると、すぐに取れてしまうシミですけど、このお顔が何とも愛嬌があるように感じられて、ママは大好きなシルクの表情の一つです。



このところ急に気温が低くなって、数日前からはちょくちょく暖房も使って生活しています。

もう冬の足音がそこまで来ている感じです。

今年の秋は急ぎ足で駆け抜けているようです。


(ママ)




2017-10-06(Fri) 11:06

ベッド替え

夕方に暗くなる時間が早くなってきて、秋を感じます。

気温も下がってきているので、散歩はぐっと楽になりました。


201710060927.jpg


昼間は半袖で過ごせる日もありますが、朝晩の気温はもう長袖が必要なくらいです。

人間の寝具も夏用から、少し厚みのある布団へ変更。


それならばシルクのベッドも替えてやらねばと、ケージのカバーを垂らして囲ったり、背もたれのあるベッドに交換したりしました。


201710060932.jpg


今までより少し暖かくなったでしょうか。

季節が変わっていく中で、気温に合わせての衣類や部屋ごしらえの変更は結構手間がかかります。

そんなことも楽しみながら、やっていきたいです。


201710061028.jpg


これはベランダの鉢植えで咲いてくれた、萩の花です。

あまり花つきは良くありませんが、華やかな雰囲気を作ってくれています。


おすましシルクは、撮影ギャラのおやつのために頑張っています。(笑)


(ママ)



2017-09-22(Fri) 21:35

秋の空

空が秋らしい高い空になってきました。

晴れと交互に曇りや雨があるのも、季節の移り変わりを示す気候の変化です。


ある晴れた日の遊歩道。


201709210927.jpg


この写真では良くわかりませんが、右側の緑の植物の一部は、夏の終わりごろから急に伸びてきた皇帝ダリアです。すでに草丈が2メートルを超えています。

もう2カ月ほどすると、一番高い位置に奇麗な大輪の花を咲かせるはずです。


201709191326.jpg


公園の一角では、今年も彼岸花が咲いていました。

この花は本当に毎年同じ時期に咲きます。

見る度に、もうそんな時期かと思い出します。


201709211451.jpg


まだ日差しは暑さを感じますが、広葉樹の一部は葉の色が変わり始めています。

公園の木の下には落ち葉も見え始めています。


秋の散歩はさわやかで楽しいです。

ちょっと遠くまで遠足に出かけたくなります。


(ママ)

2017-09-05(Tue) 13:39

防災の日

シルクと散歩していると、たまに自宅の敷地内に井戸のポンプを設置しているのを見かけます。

先日も、まだ新しいお家の庭先に立派なポンプを発見しました。


201709010920.jpg


庭の水やりに使っているようです。

井戸があると、いざという時にも飲み水以外の生活用水に転用できますので、心強いですね。


今の時期は自治体でも防災訓練の催しをします。

先日は、近くの中学校で防災イベントがあり、防災食の炊き出しや起震車の体験などがあると言うので、シルクの散歩ついでに寄ってみました。


中学校の校庭のぐるりを色々なイベント用のテントが囲み、人がたくさんいてなかなかの盛況ぶりでした。

避難所のペット受け入れ体験もしているというので見に行くと、犬が入るケージが並んでいて、中で飼い犬を待機させる体験をしてもらおうというものでした。


201708271341.jpg


見ると、ダックスフントと柴犬がそれぞれ1匹ずつケージに入って大人しくしていました。

「体験できますよ、どうですか?」と言われて、試してみる事にしました。

ところが、シルクはケージの近くには行くものの、警戒して入ろうとしません。

途中で無理だと判断して、あきらめました。

係の人からは、「いざという時のためにケージに入る訓練をしておいた方がいいですよ」と言われました。


でも、急に色々な音や声の飛び交う人混みの中へ連れてこられて、狭いケージの中へ入れと言われても、大人しく言う事を聞かないのは当然でしょう。

(むしろ、ここまで人混みの中を大人しく一緒に歩けたシルクをほめてやりたいくらいでした。)

シルクにとっては避難所暮らしは大きなストレスが掛ってしまうので、何かほかの手段を考えなければと考えさせられました。


201708271338.jpg


さて、まだ蝉の抜け殻を発見することもありますが、季節は秋へと進んでいます。

公園脇の遊歩道では、ドングリの実が見られるようになりました。


さわやかな秋の散歩を楽しみたいと思います。

(ママ)



プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR