2017-09-22(Fri) 21:35

秋の空

空が秋らしい高い空になってきました。

晴れと交互に曇りや雨があるのも、季節の移り変わりを示す気候の変化です。


ある晴れた日の遊歩道。


201709210927.jpg


この写真では良くわかりませんが、右側の緑の植物の一部は、夏の終わりごろから急に伸びてきた皇帝ダリアです。すでに草丈が2メートルを超えています。

もう2カ月ほどすると、一番高い位置に奇麗な大輪の花を咲かせるはずです。


201709191326.jpg


公園の一角では、今年も彼岸花が咲いていました。

この花は本当に毎年同じ時期に咲きます。

見る度に、もうそんな時期かと思い出します。


201709211451.jpg


まだ日差しは暑さを感じますが、広葉樹の一部は葉の色が変わり始めています。

公園の木の下には落ち葉も見え始めています。


秋の散歩はさわやかで楽しいです。

ちょっと遠くまで遠足に出かけたくなります。


(ママ)

スポンサーサイト
2017-09-05(Tue) 13:39

防災の日

シルクと散歩していると、たまに自宅の敷地内に井戸のポンプを設置しているのを見かけます。

先日も、まだ新しいお家の庭先に立派なポンプを発見しました。


201709010920.jpg


庭の水やりに使っているようです。

井戸があると、いざという時にも飲み水以外の生活用水に転用できますので、心強いですね。


今の時期は自治体でも防災訓練の催しをします。

先日は、近くの中学校で防災イベントがあり、防災食の炊き出しや起震車の体験などがあると言うので、シルクの散歩ついでに寄ってみました。


中学校の校庭のぐるりを色々なイベント用のテントが囲み、人がたくさんいてなかなかの盛況ぶりでした。

避難所のペット受け入れ体験もしているというので見に行くと、犬が入るケージが並んでいて、中で飼い犬を待機させる体験をしてもらおうというものでした。


201708271341.jpg


見ると、ダックスフントと柴犬がそれぞれ1匹ずつケージに入って大人しくしていました。

「体験できますよ、どうですか?」と言われて、試してみる事にしました。

ところが、シルクはケージの近くには行くものの、警戒して入ろうとしません。

途中で無理だと判断して、あきらめました。

係の人からは、「いざという時のためにケージに入る訓練をしておいた方がいいですよ」と言われました。


でも、急に色々な音や声の飛び交う人混みの中へ連れてこられて、狭いケージの中へ入れと言われても、大人しく言う事を聞かないのは当然でしょう。

(むしろ、ここまで人混みの中を大人しく一緒に歩けたシルクをほめてやりたいくらいでした。)

シルクにとっては避難所暮らしは大きなストレスが掛ってしまうので、何かほかの手段を考えなければと考えさせられました。


201708271338.jpg


さて、まだ蝉の抜け殻を発見することもありますが、季節は秋へと進んでいます。

公園脇の遊歩道では、ドングリの実が見られるようになりました。


さわやかな秋の散歩を楽しみたいと思います。

(ママ)



プロフィール

シルクのママ&パパ

Author:シルクのママ&パパ

先代わんこ達
二代目:まさと
「まさと」の日記
生年月日不明
老衰:享年10歳以上
(2010/5/2 - 2011/3/31)


初代:小春
小春の想い出
2005/9月生まれ
交通事故:享年2歳
(2006/3/11 - 2007/9/12)
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム
FC2カウンター
お世話になった方々
命の灯火(ともしび)を消さないで・・・・
預かり親「フウの母」さんには、引き続き貴重なご助言を頂いています。

今日も一緒に
himeさんには、先代「まさと」に続いてお世話になりました。

「まさと」つながりでシルクをご紹介頂きました。
QRコード
QR